現在一部機能を調整中です、

ベースコンプレッサー試奏解説

試奏音源

ベースコンプレッサー試奏 BASS ON TV

試奏条件

試奏者<泉尚也>より、総評

試奏は、現在市販されているUSAフェンダーのアメリカンスタンダード・ジャズベースを、フロント&リアのピックアップはイーブンのセッティングで、指弾き~ピック弾き~スラップの順番で演奏しました。
各製品のセッテイングは、音源で解りやすいように少し深めにしています。
個人的にはもう少しレシオもスレッショールドも薄めが好きなんですが・・・。
アタックがコントロール出来る製品は、リミッター的にならない様に少し遅めにしてあります。そのあたりはプリセットの製品になるべく合わせました。

EBS MULTI COMP

コンパクトタイプでは一番人気のある、シンプルな操作性のコンプです。コントロールノブはCOMP/LIMTとGAINの二つしかありませんが、ベーシストが使いやすい音色が出る様にパラメーター設定がされているので、コンプ初心者の方でも安心して使えます。コントロールノブ以外にも、キャラクターモードの切り替えや、アクティブ/パッシブの入力ゲイン切り替えスイッチがあったり、本体内部にスレッショールドの微調整のトリムがあるので、見た目以上に細かい設定もできます。

キャラクターモードの切り替えは、多分ユーザーに一番使用されているTUBEシミュレーターで弾きました。やはりこのモードが一番音抜けが良くてチューブのキャラクターが足された太い感じです。
音色も太めでロック系にもOKだと思います。

AGUILAR TLC COMPRESSOR

ハイファイでありながら音の太さも備えている、アギュラー社の音色のカラーが、このコンプにも反映されてますね。設定が細かくコントロールできるので、リミッター的にも、原音が抜けの悪い時などの音色補正的にも、使えると思います。SLOPEというツマミは、一般的に言うRATIO(レシオ)です。

アギュラー社の品のある音色を活かすように、アタックもレシオも軽めにセッティングしました。高品質で上品な音色ですね。

MXR bass compressor

今回試奏した中では、一番コントロールノブが多くて、唯一Release(リリース)のツマミがあり、ゲインリダクションのメーターもあります。その代わりレシオのつまみは、四段階の切り替え式です。でもレシオの設定って難しい部分なので、迷いが少なくなって良いかもです。メーターは意外とコンプの効果ほど反映せず、かなり強めにかけないとあまり動きません(笑)。

音色は、やはり解りやすい効きの良さという、老舗MXRのカラーを持っています。そして元祖コンパクト・コンプの名器ダイナ・コンプの音を継承した製品ですね。軽めにかけてもMXRのカラーが出ています。

BOSS Bass Limiter Enhancer LMB-3

こちらも定番のメーカーの定番の商品ですね。やはりサウンドも各コントロールの効き具合も優等生的です。製品名はリミッター/エンハンサーですが、レシオのコントロールが出来るので、機能的にはコンプと思って良いと思います。そしてエンハンサーの機能があるので、トータルな音作りが出来る様になっています。

音色のキャラクターは、BOSSの定番のコンプのCS-2を継承している感じです。でもそのCS-2的な音色は最近の他社のコンプと比較するとコモる感じなので、エンハンサーを併用する事を前提で考えた方が良いようです。という訳で試奏も少しエンハンスつまみを上げてます。

APHEX punch factory

近年人気が出て来た製品で、以前はオレンジ色の筐体でしたが、デザインが変わっています。そして新たな機能も追加された様です。コントロール部分はシンプルで、音色も派手目でロック系のサウンドにマッチしそうな、くっきりしたキャラクターです。レシオのノブがありますが、音色のキャラのほうが勝ってる感じで変化は薄く感じました。ファンタム電源を受けれるD.I
出力端子を備えているので、ダイレクトボックスとしても機能します。

今回試奏した中では、一番キャラクターに個性がありました。好みが分かれると思いますが、音量や音色補正的に使うのではなくて、プリアンプ的にこのカラーを活かせば面白いと思います。

Post Comment