現在一部機能を調整中です、

ベースプリアンプ試奏解説

試奏音源

ベースプリアンプ試奏 BASS ON TV

試奏条件

試奏者<泉尚也>より、総評

今回の試奏で感じた事は、明確なキャラクターを持った製品が、定番として残っているという事ですね。

 

さて、アウトボードプリアンプは、大きく分けて三つのタイプに分類されると思います。
一つ目は、アクティブベースに内蔵されているのプリアンプをアウトボード化した方向のタイプ。クリアなハイファイで、バッファー系なものが多い。今回の試奏だとSadowskyやXotic  RC Boosterなど。

 

二つ目は、アンプシミュレーション系で、そのままバランスアウトでラインを出力できるタイプ。ロックっぽい音色のものが多い。
大体が歪み音色も可能。SANSAMPやMXR、EDENなど。

 

三つ目は、前者の二つを両立させた製品。AquilarやEBSなど。

 

その三つのタイプに共通する事で、プリアンプを扱う上で非常に大事な部分ですが、殆どの製品にプリボリュームとマスターボリュームが搭載されていて、その二つのボリューム設定で、歪みも含めた音色変化が得られる事です。
この設定は、プリアンプだけでなく、実際のアンプを使いこなす時も、重要なポイントですね。

 

どちらの製品も、使用ベースがパッシブでもアクティブでも積極的に使って良いと思います。アクティブベースでも、本体のイコライザーの効き方が気に入らない場合、こういうプリアンプを使用するのも音作りの一つの手段ですね。

 

あと、これらの製品をEQ的なプリアンプとしての使用ではなく、通常のディストーション系のエフェクターより低音がしっかり出るものが多いので、歪み系エフェクターに限定して使用するのも良いと思います。

 

アンプのメーカーの製品は、その音色のキャラクターがプリアンプにも、しっかり反映していますね。

 

製品によっては色んな機能を備えたものもありますが、選ぶ基準として大事な事は、プリアンプとしての基本の音色が、自分の好みかどうかという事が一番大事だと思いますので、出来るだけ楽器店で自分のベースで試奏してみて下さい。
今回の試奏データが皆さんの購入の際の参考になれば幸いです。

Post Comment