現在一部機能を調整中です、

第3回 八木 泰子さん

皆様はじめまして「やぎやすこ」と申します。ベースを手にしてから数十年、今までヘビメタ、ブルース等のバンドで演奏してきました。現在は天野SHOさんに師事、Bass and voice 見習い中でございます。

今まで演奏活動を続けてきて「何でもソツなくこなすベーシスト」としてたくさんのオファーをいただきましたが、ただひとつ...ベースソロが弾けないことがコンプレックスでした。かつては競争心などもあって(笑)他人のプレイを聴いては一喜一憂し、教則本やビデオと格闘する毎日でしたが、ベースは基本モノフォニックな楽器なので他人と違うプレイで当たり前...と今になって自分に言い聞かせております、ハイ。

そして数年前、生活に余裕ができたのを機に独り立ちしたいと思いまして「ちゃんと習う」決心をしました。今までたくさんバンドやってるし、40歳すぎて又なんで?と言われましたが(笑)せっかく長い間弾いているんだし、どうせなら新しい表現方法に挑戦したかったというのが理由です。習いはじめると、今までの疑問や日常の些細な悩み事が少しずつ解決していきました。(これ本当です!)

とは言え、実際に入門するまでには勇気が要りました。教えてもらうことに慣れていないので、正直ついて行けるのか、もし途中でドロップアウトしたら...等々、心配事はそのままでとりあえず始めてみることにしました。初めはほんとにドレミからでしたので、正直なところレッスン3回目までは曲なんて全く弾けませんでした(笑)そんな中で、今でも演奏する時に思い出すことがあります「お客さんにはいろんな人がいて、音痴の人には音痴に聴こえてるから、その人にも音楽を聴かせてあげるためにコードワークがあるんやで」というお言葉です。今まで漠然と練習してきた私には目からウロコでした。誰かのために音楽を奏でるってなんか良いですね。

さて...ここまで読んでくださった皆様は私の事を「んで、プロなん?アマチュアなん?」とお思いでしょうが、季節がらセミプロと言うことでよろしいですね(笑)で、そのベースの先生主催「天野塾」門下生の発表会的ライブがきたる8月31日(金)神戸・チキンジョージで開催されます。私も出ますのでよろしくお願いします。

やぎやすこFacebookページも見てくださいね。
http://www.facebook.com/yagiyasukofan

Post Comment