現在一部機能を調整中です、

第5回 山崎 伸(BB Shin)さん

はじめまして。
ご縁をいただきこの度寄稿させて頂くことになりました山崎 伸と申します。
インターネット上ではBB Shinというハンドルであちこちに顔を出しております。

今回はそのインターネット(以下ネット)について。


私がネットにアクセスするようになったのは1994年、丁度Windows 95発売前夜の嵐の前の静けさの中でした。
仕事が写真業で、この先はPhotoshopというソフトを導入しないとまずいのじゃないか?
と思い立ったのがパソコン導入の切っ掛けでした。
それまでパソコンには興味もなく、DOSとMacの違いどころか名前も知らなかった、というレベルの自分がPowerMac 8500を導入。
私が住まいする能登半島の七尾市という港町では近くにMac、ましてやPhotoshopを使っている者など居るはずもなく、何かあった時のためにとネットも繋ぎました。

ネットに繋がってみるとそこは情報の海。自然とベースに関する情報を探すようになるのに時間はかかりませんでした。
当時は楽器店のウェヴサイトなども海外に数件ある程度、個人で情報発信しているベーシストは数えるほどでした。
数が少ないということは同好の士がそこに集まってくるということで、BBSなどで言葉を交わす内に親しくなったベーシスト仲間が増えていきました。

その内、メーリングリスト(ML)が起ち上がり、管理人さんからのお誘いを受けてBassist-MLやBottom-line MLなどに参加させていただき、更に知己を得ることとなります。
今でもその頃に知り合いになった方達とは親しくさせていただいています。
それまでマニアックで一握りの方々の物であった「パソコン通信」から、広くネット上のコミュニティが解放された黎明期と言えるかも知れません。
既に、情報のやり取りなどは頻繁に行なっていて、関東在住の仲間にベースマガジンに掲載されていた気になるベースのインプレを教えていただいたり、ML上で企画されたセッションOffに参加して色んな所で演奏したりしていました。

当時は、それでもネット上の友人に会いに行く、なんて言うと「え?」という反応が多かったのですが、個人ブログやmixiに代表されるSNSの普及によりネットの世界は広く一般化、成熟期を迎えます。

私もブログ BB’s toneを2004年に開設し、もうすぐ100万アクセスという所まで皆様に可愛がっていただいております。
ブログで「○☓△なベースを探している」と書けば、情報が集まってきて、そんな中から大事な一本が見つかったり、コメントを下さる方々と仲良くさせていただき、実際に当地まで会いに来てくださる方も現れたりとネットで発信する事の影響力を感じたものでした。

そして、近年はTwitterやFacebook、YouTubeの登場で更にネット上は賑やかになり、爛熟期を迎えたといっても過言ではない活況ぶりを呈しています。

興味のあるベースの情報は楽器店のサイトかヤフオクをチェック、奏法で分からない部分は分析ページやYouTubeの動画でチェック、iPod+iTunesの登場で音楽の楽しみ方も根底から変わってきました。海外通販でベースやアンプ、パーツ類を取り寄せる、あこがれのミュージシャンやビルダーと繋がる、ネット上でセッションをする、なんてことが普通に出来るようになり、この先どこまで発展していくのかは皆目見当もつきません。

デジタルな情報で繋がっているとしても、モニターの向こうで言葉を交わすのが生身の人間であることは変りなく、ネットの一般化と共に負の部分もクローズアップされるようになりましたが、ベーシスト同士は仲間意識が強いのか幸いにしてトラブルに遭ったことは今までありません。良い方ばかりでありがたい事だな、と感じています。

ベーシストは他のパートに比べて、新しい物事に対する柔軟性が高いように思います。新素材や多弦、独特な構造などベースの世界では早い内から定番化していたりしていますし。その柔軟性がネットの活用にも活きているのかな?と思います。

能登の田舎町に住む私が発信した情報が、都会のベース仲間の役に立ったということが実際にあったり、ブログのエントリを参考にしています、などとお声を掛けていただいたり、東京から地元に戻ってきた時には思いもよらなかったことが実際に起きています。
これからも新しい出会いがあるのだろうなと思いつつ、この寄稿によって繋がる人が現れることも期待しています。

ネット上でBB Shinというハンドルを見かけられましたら、どうぞお声を掛けてください。
そして新しい繋がりを拡げていきましょう。

BB Shin さん のブログ BB’s tone

Post Comment