現在一部機能を調整中です、

第7回 中村 尚之さん

こんにちは、中村尚之と申します。初めまして。
BASS ON TV なかむらさんフォデラモナークこんな機会なので、簡単に自己紹介すると、生まれは長崎で、大学で上京、ストレートには就職せずに、フリーターで音楽と戯れつつw、いくつか仕事を渡り歩き現在は、半導体などの検査装置を作ったり、調整したりしているエンジニアです。音楽活動などをネットで呟いたりして、この度、BASS ON TV にご紹介させて頂くご縁となりました。


主に使用している楽器はFodera Monarch 5 Stringsです。
20年以上ずーっと使ってますが、故障することもなく丈夫な代物で、これ以上ない大切な宝物となっています。
ほとんどのライブ、レコーディングで活躍しています。
最近はブラジルっぽいサウンドを演奏する機会が多く、私的には、これ以上の楽器はないだろうと思うくらいベストマッチングしています。

私は、レコーディング以外のリハーサルやライブではまずメトロノームにあわせて演奏することはないです。ひとりで演奏するようなソリストではないので、何人かの演奏者とあわせることになります。最近頻繁に思うことが、そこで奏者のそれぞれの今の気持ちや発信している音のパルスのような波形を感じて、協奏することが、非常にやばいです、とにかく何事にも代えがたい、いとおしい瞬間があります。
また、それが適当なタイミングでしか現れないところも醍醐味だと思ってます。

そんな私は、学生の時に濱瀬元彦さんに師事し、それまでとは想像つかないくらい変化することが出来ました。今でも意識して演奏し、歳を取るに連れその時間に学んだことの重要なことに気がついてきてます。当然理論的にも確立されてますが、演奏技術としての、右手のアポヤンド、左手の手首、肘とか丹念に教わりました。何が一番だったかと言うと、あまり音楽的ではないかもしれませんが、以来、腱鞘炎にならなくなりました(笑)結構大事なことですよね。
人それぞれ形はあると思いますが、何かが変われる瞬間があると思いますし、目標とするものややりたいことを意識して進めることが大事だなぁなんて思ってます。

演奏家として仕事をしているわけではないですが、聞きにきて頂ける人があってこそのライブです。色々楽しみ方はあるとして、まずは自分が楽しくないとお客さんには何も伝わりません。皆さんは意識して音を楽しんでますか?
とかなんとか色々書いていますが、今年40のただのおっさんでした。
ネットで見かけることがあれば、いつでもお声かけ下さい。

それでは、最後になりますが、何かのキッカケや出合いに繋がれば幸いです。

Facebook
https://www.facebook.com/naoyuki.nakamura

Google+
https://plus.google.com/114710639849585354396/

月明かり4人組
http://www.tsukiakari4.com/

Post Comment