現在一部機能を調整中です、

第11回 岩永真奈さん

岩永真奈はじめまして、岩永真奈と申します。私は関西出身で上京してまだ2年弱ですが、主にフュージョンベーシストとして様々なセッションやライブ、最近はPOPS、R&B、Funk、Jazzなど幅広いジャンルでの演奏や、レッスンなどで活動しております。
今回はこのようなありがたき機会を頂きましたので、私が思う「音楽」について、ベーシストとしての私の今までの生い立ちを交えながらお話させていただこうと思います。

私は3歳の頃からクラシックピアノを習っていましたが、小学校高学年よりPOPSを自己流にアレンジして弾くのが好きになり、中学生になると作曲家を目指して曲をたくさん作るようになりました。もちろんその頃は理論の「り」の字も知らないので、当日愛用していた音楽ソフトにとにかく自分の頭の中にあるものを打ち込んで、完成させては自分のHPにUPしていました。

ベースに出会ったのは高校生になってからですが、初めて活動したバンドでの担当楽器はベースではなくキーボードでした。
とにかく色んな楽器に触れることでたくさん得られるものがあると思い、吹奏楽部にも入り、クラリネットを担当していました。そのおかげでたくさんの知識を身につけることができました。

高校2年生の夏頃からベースレッスンに通いはじめ、ここで初めてインストゥルメンタルに出会いどんどんハマっていきました。練習していたくて学校を休むこともしばしば、よく母に怒られていました(笑)

卒業後音楽専門学校に入学し、ここにきて初めて理論をしっかり勉強したのですが、なんとそれで曲が書けなくなってしまいました(笑)
まだ理論を知らなかったおかげで何にも縛られす自由に表現していたからこそ作曲できていたので、勉強すればするほど新しいアイディアが浮かんでも「これは理論的にはおかしい」などとどんどん抑えてしまい、結局在学中はほとんど作曲をせずに過ごしました。

ピアノをずっとやっていたおかげで身についた絶対音感、読譜力のおかげで譜面さえあればわりとすぐに弾けた私でしたが、譜面に書ききれない情報(グルーヴやこまかい表現、感情、景色など)がたくさんあることに当時は気付けずに「ただそこにあるものを弾いている」だけでした。

そんな中、上京してたくさんの素晴らしいプレイヤーの皆さんに出会い、ベースを弾くことは単なる「弾く」ではなく、1つの表現方法なのだとようやく気づく事ができました。
考えて出たフレーズを弾く、手グセでとりあえず弾くだけでは何も伝わらず、その時に弾きたいと思ったこと、ひらめいたアイディアや気持ちを、弾きたいと思うタイミングで表現することが音楽なのでは、と。

そこから私はイメージと指先をリンクさせるための練習をたくさんしました。

今まではテクニックがあればあるほど良く、それをライブで「どや!」と見せる事だけを重視しすぎて、楽しむ事も伝える事も忘れてしまっていましたが、「これがやりたい!」「こんな風に伝えたい!」というものがあって初めて、それらを表現するためのテクニックが必要なのだと気付き、理論についてもとある先輩に「理論はある種後付けだからね」とお話いただき、まさにその通りだとおもいました。

最高のプレイをしている最中、その本人はきっと「自分は今こんなスケールを使ってこんなことやってんだぜ!」っていう理論的な考えをもってプレイをしていないはずで、客観視してはじめて誰かが「あれは○○スケールであんなテクニックでやってたんだね」って分析するものなのかなー、なんて。

そうゆうプレイができていないときは、たとえどんなにカッコいいフレーズを弾いていたとしても、歌っていない、伝わるもののない物になってしまうのではないでしょうか。

image最近の私は、音楽(民族音楽やその他の色々な音楽)が生まれた起源についてすごく興味があり、その起源こそがとってもアメイジングなものなのでは?と思い、日々精進できるように努力しています。
音楽(とくにポピュラー界プレイヤー)は、男性社会といっていいほどまだまだ女性は少なく、「女性だからね、」と言われることもまだ少なからずあるかもしれませんが、男性には男性の、女性には女性の良さがあり、もっと言えばその人にしか出来ないプレイこそが最高の音楽なのだと私は思っています。

そして最後になりましたが、今年の一月に私の教則DVDが全国発売となり、全国の楽器店またはネットにてお求めいただけます。「今弾きたい!」と思ったフレーズをたくさん弾いて、奏法を変えて弾いたりと、内容も盛り沢山となっております。

ぜひみなさんも今の自分の気持ちを、素直な自分で最大限に表現してプレイしてみてくださいね。

2 Comments

  1. Ricky Cosmo Francis
    Ricky Cosmo Francis 2013年6月20日 at 7:45 PM . Reply

    Very,Very interesting and I love the design of your bass ,as well as your interest and feeling about being a bassist !!!
    All the best and Much Success
    Cosmo

  2. Jürgen Joherl
    Jürgen Joherl 2013年7月10日 at 10:14 PM . Reply

    Sounds good…lovely tune & playing….love the Bossa UJB-5 as well…got a very nice tone…good demoonstration as well…too bad these basses are very rare to find in Europe…..thanks & good luck!

Post Comment